格安sim,白ロム|白ロムスマホのメリットデメリット

 

格安sim,白ロム|白ロムスマホのメリットデメリット

 

白ロムスマホとは

 

NTTドコモなどの大手キャリアが販売しているスマホのうち支払いが完了しているスマホでsimカードが抜かれているものを言います。基本的には中古なので割安で購入できるし、昔使ってたスマホを再度購入することも可能です。

メリット、デメリット

 

メリット
比較的安価で購入できる

中古かつ型落ちのスマホが多いため、比較的安価に購入できます。2万以下の端末も多数あります。

ワンセグなどが見れる

ワンセグやおサイフケータイ、赤外線が利用できる機種もあります。しかし、格安simでは使えないケースもあるので注意しましょう。

2年縛りがない

白ロムおうにおきのy+格安simなら、キャリアのときのように「2年縛り」を気にすることなく、好きな時に機種を買い替えることが出来ます。

デメリット
基本的には中古

白ロムは基本的には中古なので、傷や汚れがあるケースがある。またバッテリーが劣化していることがよくある。

simロック解除が必要な場合もある

白ロムはsimロックされているのでNTTドコモのスマホをドコモ系MVNO以外で使用する場合はsimロック解除する必要があります。

残債があると使えない

残債が残っている白ロムは通常「赤ロム」と呼ばれています。その場合は、使えません。

 

白ロムに問題があるかないか確認する

 

NTTドコモ

au

ソフトバンク

 

今日の0simの速度

 


私は「サブsim」で「nuroモバイル」の「0sim」を使っています。
「0sim」に関しては評判が良くないので、【今日の0simの速度】というコンテンツを作ってますので良かったら見ていってください。
生データですので現実的だと思います。数値が悪いから載せないとかはないですので安心してください。

【今日の 0sim の速度】

 

LINE@で「今日の0simの速度」を配信しています。

 

LINE@で「今日の0simの速度」と「今日のLINEモバイルの速度」を配信しています。
よかったら「友だち追加」をお願いします。無料です。
不定期で配信しますのでよろしくお願いいたします。

友だち追加

 

サブsimは「0sim」がおすすめですが、メインsimなら「ラインモバイル」

 

回線速度は遅い時で1Mbps~2Mbps、速い時は95Mbpsくらい出ます。
年齢認証が出来ますので、ラインの「ID検索」が出来ます。
ドコモの回線ですのでドコモユーザーならsimロック解除無しで使うことが出来ます。
データsim(sms無し)1Gプランがなんと月額500円です!

月額500円から使える超おススメの格安sim「ラインモバイル」

 

「nuroモバイル」と「0sim」のダブルスタンバイという発想

 

最近、勢いがあるnuroモバイル。nuroモバイルと言えば0simが有名ですが、有料プランが非常に優秀です。「無料の0sim」と「有料の高速sim」のダブルスタンバイなんて運用も素敵だと思います。

月額700円の「nuroモバイル」と月額無料の「0sim」を合わせて使えば1ヶ月で2.5GB使えて月額700円!?

 

高速回線の格安sim筆頭といえばUQモバイル

 

通話料が高いというデメリットを抱えつつも、格安sim業界でも大手キャリアと速度がほとんど変わらないという数少ない格安simです。
その中でも、おすすめのプランは「データ高速3G+音声通話プラン」です。

混雑時の回線速度にお困りなら「UQモバイル」がおススメ!