未分類

docomoを少ない費用で解約する方法(タイミング 月々サポート)

契約が満了した月の「翌月」と「翌々月」が解約金がかからない対象月になります。

とにかくまずdocomoに電話するか,お近くのdocomoショップに行って契約満了月を調べましょう。

「月々サポートが残ってる方」と「月々サポートが終わってる方」の違い

月々サポートが残ってる方

24ヶ月目も「月々サポートが残ってる方」は,25ヶ月目もパケットパックに入ってないと24ヶ月目の月々サポートが受けられませんのでそのまま「25ヶ月目の月末」に解約するのがおすすめです。月初に解約も可能ですがパケットパックは「日割り計算されない」のでそこのところを理解した上で解約されるとお得感が違います。

月々サポートが終わってる方

パケットパックの解約の予約

「 月々サポートが終わってる方 」は、契約満了月の翌月から解約が出来るのですが、 25ヶ月目に解約してもパケットパック代金は 「 日割り計算されない 」 ので月初に解約してもパケットパック代金が1ヶ月分まるまる取られます。なので、少しでも「スマホ代金を節約したい人」は契約満了月に翌月のパケットパックの「解約の予約」をする必要があります。ただし「カケホーダイ」に入ってる方のみの適用です。

「SPモード」を解約する

SPモードを解約しないまんまパケットパックだけ解約する場合、万が一パケット通信してしまうと「かなり高額な請求」が来ますので「パケットパック」と「SPモード」はセットで解約手続きしましょう。あとは、電話はカケホーダイなので月末まで使ったほうがお得感はあります 。カケホーダイは日割り計算されません。余談ですが、以前は契約プラン満了月と月々サポート満了月にズレがあり 、戸惑いを隠せない消費者が多かったのですが、現在はその問題点は解消されました。