大手キャリア関連記事

docomo,内臓電池|最近のdocomoのスマホが内蔵電池に切り替わっていってる件

docomoのスマホの最新機種は、らくらくホンを除くすべての機種が内蔵電池

私が使っているスマホは、2014年のものなのでもう4年使っています。

3年も使っていればバッテリーの持ちは非常に悪くなりますので、当然新しいバッテリーを購入&交換して今も快適に使用しています。

しかし、最近のスマホは内蔵電池タイプに順次切り替わっています。

docomoのスマホの最新機種は、らくらくホンを除くすべてのスマホが内蔵電池です。

3年も使ってればバッテリーの寿命が来ます。

電池交換 すればいいんじゃないの?

 

 

そうです。電池交換すればいいんです。

しかし、先日知人の同行でdocomoに行ってきたのですが電池交換のお願いをしたところ驚く返事が返ってきました。

電池交換にかかる日数は3週間

費用は7000円強

 

まあ、自分が知らなかっただけで常識なのでしょうか。

私が行ったショップが時間のかかるショップだっただけでしょうか。

内蔵電池ではなく「電池交換できるスマホ」だったら、バッテリーの取り寄せだけなので1週間もあれば終わるでしょうし、社外品でよければamazonで購入すれば 2〜3日 で届きます。

ネットで調べてみると・・・

内蔵電池交換のみをお申し込みの場合も、そのほかに修理が必要と判断した箇所はすべて修理いたします ( 携帯電話の性能。品質を維持するため、部分的な修理はお受けできません )。

 

普通に使えていてもメーカー修理が必要だと判断されたら電池交換のみの作業はしてもらえないらしいです。

電池交換だけでいいのに高額請求されたとかたまに聞きます。

 

いより
いより
私の考えですが、「そのほかに修理が必要と判断した個所が見つかったら、お客様にご連絡し、お客様の了解を得て修理いたします。」が普通だと思います。その上で、「この修理をしない場合は電池交換できません」なら100歩譲ってまだ理解できます。あと、電池交換は「部分的な修理」ではなく「消耗品の交換」だと思います。

それでも、修理内容にもよりますが修理しなきゃいけない状況だったら電池交換でドコモショップに行くんじゃなくて修理でドコモショップに行ってますけどね。

「携帯電話の性能、品質」が維持できなくても電池交換がしたい人もいます。「携帯電話の性能と品質」が維持できてなくても、携帯電話としての機能をはたしていれば使用できます。

 

いより
いより
まあ、3週間待って高額な電池交換代と必要のない修理代金払うくらいなら、新しいsimフリーのスマホを買ってドコモから出ていきます。私は、運良く内臓電池ではない最後の世代のスマホですので電池の供給が終わるかスマホが壊れるまで使い倒したいと思います。

でも内臓電池って、キャリアだからとか関係なくsimフリーのスマホを電池交換するときはメーカーにお願いして交換するだろうし、その時に同じ対応される可能性は十分考えられるので他人事ではないんですよね。

これからは、電池交換できるスマホを探すか、バッテリーの寿命を延ばす努力をするか、高額な電池交換をするか、スマホを買い替えるかといった選択になるでしょう。

スマホメーカーが今後バッテリーに関してどういった対策をうってくるのか非常に興味があります。

↓下記のサイトは「電池交換できるスマホ」を紹介するサイトです。興味ある方は是非ご覧ください↓

 

電池交換できるスマホ特集(電池が供給されてる機種に限る)

今月の0simの速度

0simは評判が良くないので、【今月の0simの速度】というコンテンツを作ってますので良かったら見ていってください。

今月の0simの速度

LINE@

LINE@で「今月の0simの速度」「今日の0simの速度」を配信しています。

不定期で配信しますのでよろしくお願いいたします。

月2回くらいの更新頻度です。

LINE@で友だちになる

 

格安sim診断

目的ごとにおすすめの格安simを紹介しています。

「とにかく安い格安sim」「通信速度が速い格安sim」「youtubeが見放題の格安sim」などなど。

あなたにぴったりの
格安sim会社を
探しましょう!