格安sim関連記事

格安sim,タブレット|simフリーのタブレットでおすすめの商品と呼ばれるのは?

 

【答え】 どういった状況でも持ち歩きするなら8インチクラス、パソコンとして運用するなら10インチクラスがおすすめです

 

 

タブレットにもsimカードを挿してモバイルデータ通信ができるタイプの機種があり、格安simで使用可能なsimフリーのタブレットも存在します。

タブレットのOSは、iOS、アンドロイド、windowsの3パターンがありますが、費用対効果がひときわ効果的なのはアンドロイドではないでしょうか。
1万円台で購入可能なタイプの機種もあり、3万円台で最先端の最新技術モデルを入手することができます。

 

 

ipadは大手キャリアも取り扱いしていますが、経済的に運用するなら、simフリー版を買い取りして、格安simで運用するのがおすすめだと考えます。

ノート型パソコンのピンチヒッターとして活用してみたいと思うなら、キーボードを設置できる2in1タイプのwindowsデバイスも理想的だと思います。

 

おすすめのタブレット

 

ファーウェイ Huawei MediaPad M3 8.4インチ

画面解像度は2560×1600ドット。指紋センサーを採用しています。
デュアルスピーカーを実装し、話題のハイレゾ音源の再生にも対応しています。

 

エイスース ZenPad 3 8.0 7.9インチ

画面解像度は2048×1536ドット。デュアルフロントスピーカーでバックグラウンドミュージックやDVD映画を楽しめるシーンもあれば、レザー調のリッチな触り心地もエレガントです。

 

レノボ YOGA Tab 3 10 10.1インチ

画像解像度は1280×800ドット。立てたり、横にしたり、吊り上げたり、4つの基本姿勢で使っていただけます。約18時間の連続駆動を実現することが可能です。

 

マイクロソフト Surface3 4G LTE 10.8インチ

画面解像度は1920×1280ドット。別売りのキーボードカバーを設置することで、コンピュータ端末代わりに使えます。ペン入力にも対応している点も好印象。

 

アップル iPad pro 9.7インチもしくは12.9インチ

9.7インチは「2048×1536」ドット、12.9インチは「2732×2048」ドット。apple pencile での書き込みに適応。4つのスピーカーを実装しています。

 

今日の0simの速度

 


私は「サブsim」で「nuroモバイル」の「0sim」を使っています。
「0sim」に関しては評判が良くないので、【今日の0simの速度】というコンテンツを作ってますので良かったら見ていってください。
生データですので現実的だと思います。数値が悪いから載せないとかはないですので安心してください。

【今日の 0sim の速度】

 

LINE@で「今日の0simの速度」と「今日のラインモバイルの速度」を配信しています。

 

LINE@で「今日の0simの速度」と「今日のLINEモバイルの速度」を配信しています。よかったら「友だち追加」をお願いします。無料です。
不定期で配信しますのでよろしくお願いいたします。週1回くらいの更新頻度です。

友だち追加

 

サブsimは「0sim」がおすすめですが、メインsimなら「ラインモバイル」

 

回線速度は遅い時で1Mbps~2Mbps、速い時は95Mbpsくらい出ます。
年齢認証が出来ますので、ラインの「ID検索」が出来ます。
ドコモの回線ですのでドコモユーザーならsimロック解除無しで使うことが出来ます。
データsim(sms無し)1Gプランがなんと月額500円です!
ラインが使い放題です。もちろんラインの音声通話もかけ放題

 

ラインモバイルに関する詳細は下記のページからどうぞ

 

公式ページは下記のバナーからどうぞ

格安sim診断~あなたにぴったりの格安simを探しましょう